• 1/618PAGES
  • >>

藤井オート 4輪 ホイール アライメント調整に異変・・・


年数経過の4輪 ホイール アライメント調整は、今まではサスペンション関係の部品取替えて調整が出来ていました。

しかし 最近の4輪 ホイール アライメントは、サスペンション部品を取り替えても・・・
走行・ハンドリング違和感が有ります。(出ます)

2回・3回の取り直し4輪 ホイール アライメント調整(部品取替え含む)しても、納得のいくハンドリングにはなりません。

原因は油圧・電子パワーステアリングに有りました。
今後の4輪 ホイール アライメント調整は・・・
4輪 ホイール アライメント+サスペンション部品取替え+油圧・電子パワーステアリング+ホイール・タイヤ・・・となります。

油圧パワーステアリングは、油圧パワーステアリングオイルを交換しますと、ハンドリングは安定します。
異音も減少します。
注意!! 油圧パワーステアリングオイルを完全に抜きとりしないと、また同じような現象になります。
横着せずに、完全抜き取りと漏れテストをしましょう。(パワーステアリング油圧点検含む)
油圧パワーステアリングポンプのクリニングも忘れずに!!

電子パワーステアリング
バッテリーの電圧低下・オルタネーターの充電低下によるハンドリング違和感が出ます。
エンジンアイドリング中に電圧を測定して、ハンドルを左右に動かすことによって、電圧差(電圧降下)が多い場合は要注意です。

これからの4輪 ホイール アライメント調整は、お客様に充分な説明が必要です。
他にも まだ記載していないハンドリング違和感の原因がありますが・・・
後は 各自でお願いします。

油圧・電子パワーステアリング問わず
ABS作動時のハンドリング違和感の原因は・・・・・・・
速度***Km前後時のハンドリング違和感の原因は・・・・・・・
タイヤ・ホイールを交換後のハンドリング違和感の原因は・・・・・・・
etc・・・  以下 省略

これからの4輪 ホイール アライメント調整・・難しくなりますよ!

JUGEMテーマ:車/バイク

藤井オート テント工場近状


先にお詫びします??
メールの返事(回答)及び電話の返信遅延お許しを!!
テント工場 リフト・タイヤチェンジャー等ほぼ治りましたが、後片付け等が残って居まして・・・ お客様(患者様)の対応が遅れました。

今 リフトは最後の重量2500Kg までの加重に対してのテストをしています。
2000Kgまでは、クリアしています。もう少しです。
タイヤチェンジャーは、20インチまでクリアしています。
4輪ホイール アライメントは、2000Kgまでの車両は修理を開始しています。

徐々に元のテント工場に戻っています。
台風被害の箇所はまだですが、車修理には差し支えありません。

最近 D/K/KA/KE/ジェトロニックの問い合わせ(ボッシュ製品)が多く驚いています。
なるべく解りやすく説明をしていますが・・・
無理があるようで・・・ 
でも直るまで付き合いますよ!!

ボッシュ製品は何処へ・・・
90年代頃までは、外車は、ボッシュの製品だらけでした。
一部国産車にも・アメ車にも・・・ しかし 今はどうでしょうか・・・
ボッシュ製品装着車を捜すのに苦労します。
技術基本はボッシュですが・・・ 特許権が時効になり、コストダウン部品(製品)等でボッシュの製品は、ほんの少しですね!!

定年した同期のボッシュ仲間が言いましたね!!
ボッシュは、コストダウンが出来ないとね・・・

そう!! 71歳親父 70歳にはない技術をお客様(患者様)に、見せますよ!!
71歳初の ふふふ・・・です!

今月 後2回 新しい技術を覚えますね!!
報告はします。

連絡
18日(土)・19日(日)午前中修理しています。(多分・・・)
来社(遊び)連絡ください。急ぎ留守も有りますので・・・

JUGEMテーマ:車/バイク

藤井オート 全国の自動車ロートル修理人へ



TEX 01

Agu 01

親父! 10日で71歳になりました。
まだまだ 修理をやる予定です。
ただ 少し体力が落ちました・・・ 下半身は別として・・・??

今親父 コモンヂーゼル関係を勉強しています。
今月 コモンヂーゼル関係の講習を受けます。
ボッシュで学びましたが・・・ 今一度 復習して、今のコモンヂーゼル関係の修理をしたい!!
コモンヂーゼル関係をマスターしたら!! 今度はHV/EL・水素関係を目標に勉強する予定です。

ボケ防止に新しい技術を学びましょう!!
もうやっている方もいると思いますが、結構 面白いですよ!

たくさんのお祝いメール本当にありがとうございました! 
Facebook・ブログ・PCメール 親父感謝です。
ドイツからもたくさんの電話・メールが着ました。親父幸せ者です。

JUGEMテーマ:車/バイク

藤井オート アーシング トラブル


アーシング トラブル・・・ 何のことだ!!

親父 アーシングは、とてもいいことだ!! と!! このブログ上で云っていました!!
ところが・・・ トラブルが・・・??

アーシング接続箇所を間違えると・・・??
アーシングするとセンサー関係の誤作動が出ること知っていましたか!!
親父 忘れていました・・・ 気が付かなかった!!
でも よく考えると・・・ 納得しますけど・・・ 

コンビューター・モジュール・ABS・リレー・スイッチ・・・ etc・・・
制御はマイナスコントロールでしたね! (車種によっては異なるけど)
親父 マイナスコントロールのこと忘れていました・・・

その マイナスコントロール制御しているところに、アーシングをしたら制御できませんね!! 
今後のアーリング接続に注意します。 事故にはならない誤作動でした。

これは 親父の独り言・・・
ショップ・ネットで過大宣伝アーシングセットが販売されています。
大袈裟にLEDまでついている・・・なんの役もたたない・・・

追伸
アーシング トラブル・・・どんな現象のトラブルか??
少しは、自分で勉強してください・・・
ヒントは、接続箇所を間違えアーシングすると、即・・・ 又はじわじわと来ます??
親父・・・ 苦しみました・・・
OBD兇砲蓮▲肇薀屮襯魁璽匹禄个泙擦鵑諭ΑΑ
頑張って〜・・・

☆☆ アーシング接続箇所を間違えなければ!!
   アーシング効果は抜群です!! 

連絡
10日(金)臨時休業します。
11日(土)午前中(午前11時まで)午後は、外出します。
12日(日)〜14日(火)は出張修理の為テント工場は、留守が多くなります。
15日(水)平常修理です。

連絡は取れますが遅れます。
PCメール返事は遅れます。

JUGEMテーマ:車/バイク

藤井オート 親父DPFメンテナス方法



エンジン吹けが悪くなった・エンジン加速が重い・燃費が悪い・エンジン音が高い
エンジンオイル・エアーフィルター・燃料フィルター 取り替えても・・・etc・・・
エンジントラブル点灯・リセットしても再度点灯・・・

他にトラブルがなければ、DPFの詰まりだと思います。
もし 出来るなら 詰まり修理をする前に、エンジン2500rpm以上にして、2時間位走行してからDPF詰まり判断をしますね・・・ 日本では無理だけど・・・
それとDPF詰まり、O2センサーにも影響が出て壊れますね??

マフラークリニングにもいくつかの方法があります。
ネットに、マフラークリニング(洗剤使用)が記載されていますね・・・
マフラークリニングいいと思いますが、やるのなら全マフラーは外して(脱着)のクリニングをお勧めしますね。

マフラーを外さない(脱着)クリニングには、燃料タンクにケミカル剤を燃料と混入して、走行しながら電子ノズルとマフラークリニングをする方法が有りますが・・・
親父は、今のところ・・・コメントを控えます??
DPF 02

イラスト参考
丁度点滴みたいに、マフラー内にアイドリング状態で、ケミカル剤を使用して、煤の汚れをクリニングする方法もあります。
結果はまだ出ていません。テスト中です。
親父は、この方法を親父なりに改良していきたいと思います。
まだ 時間(テストに)が掛かります。
只!!! ケミカル剤が高額には参ります・・・
今 4種類のケミカル剤をテスト中です。どのケミカル剤がいいのかは!!
記載しません!!

注意しなければならないのは、マフラークリニング後必ず排気状態を確認すると言うことです。
親父は、最低100Km以上は走りますね。その後にエンジン再調整します。

もう一つ重要なこと!! 大事なヒントはマル秘!!
マフラー 以外にも、クリニングする箇所が車種によって異なりますが・・・ あります!!
時間はかかりますが!! クリニングすることをお勧めします!!
特にマツダ車はね??

DPFメンテナス5万円の工賃を請求しても合わない修理です。10万円工賃なら・・・
いいなぁ〜 プラス ケミカル剤・・・

連絡
テント工場 70%治りました・・・ もう少しです。
タイヤチェンジャーも もう少しで治ります。

10日(金)臨時休業します。
11日(土)午前中(午前11時まで)午後は、外出します。
12日(日)〜14日(火)は、連絡は取れますが、テント工場は、留守が多くなります。
15日(水)平常修理です。

JUGEMテーマ:車/バイク

藤井オート DPFメンテナスの必要性


今 親父 コモンヂーゼル関係の勉強をしています。(DPF含む)

DPFとは(一部 コピー・アンド・ペーストしました)
DPF− PM (Particulate Matter: 粒子状物質)ためて燃やす排ガス除去装置 DPFは、ディーゼル・パティキュレート・フィルター(Diesel Particulate Filter)の略で、ディーゼル エンジンの排出ガスに含まれる粒子状物質や黒煙を、排気管に装着されるフィルターで捕集し除去する装置のことです。

ディーゼル エンジンの燃料は軽油です。
軽油燃料をエンジン シリンダ内の高圧と高圧噴射ノーズルで自然燃焼しています。
この為 黒い煤が大量に出ます。この黒い煤がマフラーから出る黒煙です。

今のディーゼル エンジンはコモンディーゼルと言われて、メカニカル噴射ではなく、電子ノーズルによって今まで以上に高圧な燃料噴射をすることができますが煤は出ます。

その為に、マフラー内に煤が詰まり、エンジン出力が低下して、エンジン不調になります。
エンジン燃焼 トラブルランプが点灯します。
燃料の品質と走りによっても詰まり時期が異なりますが、目安は10万キロです。

高速走行ディーゼル車は、詰まりが少ないですが、都内走行(低速走行)車は、詰まり時期を早めます。
通常走行中はDPF で捕集されたPM は自動で除去されますが、次のようなときはPMが自動で除去されません。
☆ 車速約15km/h 以下で走り続けているとき
☆ 10 分以下の短時間走行の繰り返しやエンジンが暖機できないような走行を繰り返したとき 
  特に寒い気温時(冬季節)
☆ 長時間アイドリング状態のとき 渋滞走行
DPF 01

DPFの詰まりは、灰が原因ではなく“煤”が原因です。
燃えきれない大きな煤を完全燃焼すると細かい灰になりDPFの寿命は延びますね!!
解決法は、大きな煤をきちんと燃焼させることです。
高速で!! 長時間走行すれば・・・ 詰まらない!! え!! 110Km走行・・・
親父 テストしたことがないから・・・ 解らない!!
高速走行ができない場合は、DPFクリニングをすることです。
DPFクリニングは、車種によって異なりますが、時間の掛かる作業です。

次回は、DPFメンテナス方法  只今 編集中!!

JUGEMテーマ:車/バイク

ページトップへ戻る▲