私の積み重ねた整備経験とセオリー!

数多くの車関係経験からのアドバイス!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
藤井オート 日本の技術信用はいづこに・・・

製造元がこれだけでたらめされたら・・・
我々はどうすれば!! いいのでしょうか・・・

日本の技術! 品質信用が!! “あ!!”と言う間に崩れましたね・・・
しかも 超が付く大企業ではありませんか・・・

もう 親父は 日本の技術を自慢できませんね・・・
お隣さんと同じレベルになりましたね・・・
残念ですよ・・・

何時から・・・ こうなったのでしょうか??・・・
携わった人たちは!! 恥ずかしくないのですかね!!
責任は感じないのですかね・・・
言い訳は聞きたくないですね・・・
もう定年して・・・ 悠々自適の生活を送っているのかな・・・

もしかして・・・ 車体のひび割れ・・・ 
ステアリング取り付け部の脱落(ひび割れ)・・・ etc・・・
原因不明の答えは・・・ 犯人は・・・・・・・・・・

連絡
20日(金)・26日(木)臨時休業します。
年に一度の法令と技術講習を受講します。

JUGEMテーマ:車/バイク

やりきれない気持ちだ!! / comments(3) / trackbacks(0) / fujii-dienst /
藤井オート 親父の修理を信じない??

HP信者ほど困ることはありませんね!!
初めからHP信者だと分かっていたら・・・ 親父修理を断りますね!!

HPに書いてあったから、このように修理をしてくれ!!
なら 初めからHP修理工場に行けばいい! 
親父の説明を信じない??・・・
なのに テント工場に来る心境が親父には理解できないです。

修理中に連絡があり!! 今メールしました。HPの通りに修理してください!!
HP部品を使用してください・・・ etc・・・

最近の空冷ポルシェ乗り・・・
オイルの量で!! 怒り心頭??
空冷ポルシェは難しいです。長年の経験が物を言います。
空冷ポルシェのオイル交換は、親父は必ず オイル温度(イオン温度)が高い時に抜きます。
抜くときには、必ずオイル量を調べます。(量ります)
新しいオイルを入れる時には、先ずその分のオイルを入れまして、データー量(規定量)確認後に、テスト走行します。 オイル温度(イオン温度)に重視して、オイル量を確認します。
もちろん エンジンによって異なります。(例えば2.4・3.2)
特に注意をしなければいけないのは!! オイルクーラー装着車です。
これは経験が重視されます!!

オイルクーラー車は、車種によって装着内容が異なりますが、オイルサーモスタットが装着されています。
このオイルサーモスタットの作動に注意しないと、エンジンブロー しますね。
オイルの量少ない・多いです。

2個装着オイルサーモスタットの場合は、エンジン側のオイルサーモスタットが約80度で開きますが、この時代のオイルサーモスタットは、アバウト(about)で有りまして・・・
開閉温度が異なります。

もう一つのオイルサーモスタット(小さい方)は、約90度ですが・・・
これもアバウト(about)な開閉をしまして・・・ オイル量を間違います。
要するに!! エンジン温度(イオン温度・オイル)は、オイルサーモスタットの開閉によって大きくオイル量が異なることを知らないで、オイルが多い! 少ない判断する無知なポルシェ乗りが多いのには・・・ まったく困ったもんだ!!

その時のエンジン状態も良く察知して・・・ オイル量の判断をします。
オイルを抜くときは、必ず量を量りますよ!! 基本です。

空冷ポルシェのオイルサーモスタット・・・ ホントアバウト(about)作動だよ・・・
でも 親父勉強したよ!! 三和時代の元メカには負けるけど・・・

オイルが完全に巡廻している時のオイル量の調べ方・・・
難しいですね!! 判断に迷います。
プロはそのタイミングを熟知している・・・

2個装着オイルサーモスタット開閉した時の判断難しさ・・・
どう説明すればいいのか・・・
本当の空冷ポルシェ乗りは!! よく理解をしている!!

やはり 親父は、空冷ポルシェ修理は下手なのかな・・・
それとも・・・無知なポルシェ乗りが多いのかな・・・

亡き加藤 等は・・・ 来月(11月)亡くなって何年になる・・・
亡き加藤 等 信者にも困ったもんだ!! 
無知なポルシェ乗りの対応・・・ 今 親父理解したよ!! 
亡き加藤 等は、負の技術財産を置いて云った??
その後始末が大変だよ!!・・・????????
どうしてくれるのだ!! 亡き加藤 等・・・ 寂しいよ・・・

JUGEMテーマ:車/バイク

やりきれない気持ちだ!! / comments(3) / trackbacks(0) / fujii-dienst /
藤井オート 笑えない・・・

5年経過修理(車検含む)車入庫しました。

依頼修理完了 納車しました。
トラブル発生
1)パワー ウインドウ 異音発生後(脱落音) 作動不能
2)サイド ミラー 異音発生後(脱落音) 作動不能
3)灯火(ライト・シグナル)類 点滅せず・レンズ脱落
4)冷却水関係 漏れ発生
5)オイル漏れ 発生
以下 省略

ラジエーター漏れ修理依頼
ラジエーター 新品取替後
真空抜きポンプでラジエーター 真空抜き作業中に取り替えない部品(プラスチック・ゴム類)が!!  
グシャ・・・ と凹みました??

反対に、ラジエーター以外のところからの、水漏れ修理後に真空抜きポンプで真空抜き作業中!! ラジエーターがペチャンコに凹みました??

ヘッドライト 変色取り作業中 
ヘッドライトレンズがポロリと脱落

バルブ(球)切れ
取替用としたら・・・ ソケット&ハーネス(配線)ごとグニューと抜ける??

車をリフトで上げたら・・・
劣化した部品破片類がポロリ・・・ その後 異音発生・・・
同じく マフラー脱落・・・
まだ たくさん有りますが!! 省略します。

修理を依頼された後に上記のようなトラブルが発生したら!! 
修理人どうお客様に対処しますか?

お客様は、修理に出す前は!! “異常はなかった!!”・“なんでもなかった!!“
修理人 弁償しますか!!

これで作業中 オート マチック トラブルやタイミングベルト切れなどが発生したら!!
どうします!!

修理に出したのに、反対に壊れて帰車・・・
間違いなく!! ネットにバッチリ こき下ろされますね!!

1997年以降の車から年々ひどくなるコストダウン製品の現状です。
我々 自動車修理人 どう修理をすればいいのでしょうか・・・

1997年頃までの車の修理は、部品生産中止でも何とか治せると言う安心感があります。

修理をしたい!! 治したい!!
しかし・・・ 
Changeer (チェンジニア)と壊し屋の異名は!! 親父!! 嫌だよ!!

JUGEMテーマ:車/バイク

やりきれない気持ちだ!! / comments(2) / trackbacks(0) / fujii-dienst /
藤井オート 親父・・・

去年 株式会社 鉄道日本社の自動車工学休刊(平成28年)9月27日
株式会社 アウトケーニッヒの代表取締役 石神 輝男(いしがみ てるお)の訃報連絡・・・

親父凹みますね・・・
石神とは、両国時代(石神自動車)からの付き合いでした。
石神は、自動車工学・整備振興会の講師・東京海上(千葉 市川)の講習・自動車雑誌等々
この業界では有名な存在でしたよ!
車修理の教育熱心さは、おそらく日本でも5本の指に入ると思います。
株式会社 アウトケーニッヒ設立時も協力しましたよ。

自動車業界・・・ また 寂しくなりますね・・・  合掌

追伸
株式会社 鉄道日本社の自動車工学
再刊待っていますよ!!
修理には必要な本ですよ!!

JUGEMテーマ:車/バイク

やりきれない気持ちだ!! / comments(3) / trackbacks(0) / fujii-dienst /
藤井オート 技術協力の限界

20年・30年以上も前の技術問い合わせが殺到は大げさですが凄い数の問い合わせです。

親父知っている範囲は協力しますが、あくまで 自己責任でお願いします。
問い合わせ者の技術力(修理経験)が“ある”か“ない”が分からない状態での協力です。

親父が教えれば治ると言うことはありません。
どんな状態か?・技術経験は??等を聞きながら教える立場を考えてください!!

親父が持っている資料(イラスト付き)で、協力をしていますが治らないと!!
親父の責任にするのは止めていただきたいです。 親父 凹みますよ!!

親父 いつも協力する言葉は、“治るまで協力しますよ!!”ですが、あくまで修理を携わる人の治す理解(技術力)がなければ治る車も治りません。

つい最近 問い合わせ修理人(IKEO)が逃げの言葉で!!
親父の協力を求めたが、間違った技術指導を受けたので、エンジンがダメになったと・・・

そのお客さん(SAWA)が、遠路遥々テント工場に来まして!! 苦情を言われましたが・・・
親父 意味不明で・・・ 口論に・・・
その場からSAWAさんが修理屋(IKEO)に連絡をしたら、その修理屋(IKEO)!!
説明もせずに電話を切り!! SAWAさん親父の言葉を信じて帰社しました。

その後に SAWAさんが修理屋(IKEO)のところに行き!! 
修理屋(IKEO)から!! 余計なことを言いやがって!!と脅しの電話!!
つい最近 親父 その修理屋(IKEO)へSAWAさんと一緒に行きましたよ!!

修理屋(IKEO)びっくりして・・・
あとは修理屋(IKEO)とSAWAさんのことなので!! 親父はテント工場に帰社しました。

親父の・・・ 技術協力が裏目に・・・ 悲しいですよ・・・

JUGEMテーマ:車/バイク

やりきれない気持ちだ!! / comments(3) / trackbacks(0) / fujii-dienst /
藤井オート 親父 苦しい言い訳

10・20・30・40・・・年経過の車修理と並行車修理依頼・・・ いろいろな車の修理問合せ・依頼がテント工場に来ます。

全部修理依頼ではありませんが、問診(内容)を聴くと、どのお客さま(質問者含む)も、車に愛着があり! 長く乗りたいと言う希望があります。

年数の経過した車の修理は、ディーラーでの仕事は、古い修理人がいなくなり(定年退職)継続修理が難しくなっています。

そこで ロートル修理人 又は、やる気のある勉強した(根性のある)修理人が腕を振るいます!!
年数の経過した車は、そんな修理人(工場)に、口コミ・PC検索で流れていきます。

しかし いくつかの壁があります。
1)技術情報の取得
2)特殊工具の情報及び取得
3)部品の購入は、年数が経過すればするほど厳しくなります。
また 並行車の部品は、総代理店(輸入元)の壁が厚く!!
   日本に部品在庫があるのに・・・ 約3か月以上も待たされます。
   在庫部品がないのは、本国注文しますが、本国注文と言う言葉をよく使います。
   もう一つ 必ず 車検証のコピーを求められます。
   部品の中には、これは日本には発送できない??

時間ばかり経ちます!! お客様 特に家族からの信用度“ゼロ”!! 
大丈夫!の連絡・・・ 言い訳が何時までもできない限界!!・・・
笑顔が消え! 不信感顔! 苦しいです!

でも やっと・・・ 部品が全部揃いました。
いよいよ 修理開始・・・の連絡・・・
お客様・・・ 車!! 替え様かな・・・

親父・・・

JUGEMテーマ:車/バイク

やりきれない気持ちだ!! / comments(1) / trackbacks(0) / fujii-dienst /