• 1/3PAGES
  • >>

ガソリン臭い??


最近 数件のお客様から問い合わせがありました。
室内で臭う? 燃料を注入した後に臭う?等です。

原因は、いくつかあります!
1)燃料漏れ(パイプ劣化・接続部含む)
2)燃料タンクのキャップ
3)キャニスター作動不良
チャコールキャニスター(英: Charcoal Canister)とは自動車やオートバイの燃料タンクからガソリン蒸気を大気中に放出しないように吸着する大気汚染防止機器である。ベーパーコレクター(英: Vapor Collector)と呼ばれる場合もある。この項目ではチャコールキャニスターと同様の原理で、燃料タンク給油口開放時のガソリン蒸気(ベーパー)の放出を防ぐ、Onboard Refueling Vapor Recovery(ORVR)についても併せて記述する。
Wikipediaより引用しました。
5)原因不明

漏れが酷いと、車両火災などにつながる危険度が高いトラブルですが、漏れが確認できずに、臭いだけ、と言うのは、不安をあおりますね。
テスター(OBD2)には、出ないトラブルです。
原因不明は、危険度の高い時間のかかる作業です。
お客様の理解が必要です。

注意
自己判断の銜えたばこ点検は危険ですよ! 間違っても!! しないように!!
頻繁に臭いがするようでしたら!! すぐに修理工場に行くよう!! 勧めます!!
JUGEMテーマ:車/バイク

触媒マフラーの詰まり


触媒マフラーのトラブルに遭ったことありませんか?
酷いと、車両火災になりますね。
当社でも、年に1〜2件はありますね。
特にオペルZエンジンは多いですね?? 原因は分かりませんが、触媒マフラーを外して中を見ると、異常燃焼したのか? よく分かりませんが、触媒マフラー材質が溶けていますね?
これでは、エンジンの排気はスムーズに行きませんので、エンジン不調、言葉は悪いが、フン詰まりですね。
触媒マフラーは高額ですし、それに付随した破損部品(O2センサー類)など、半端な溶けではありません。
触媒マフラーの溶けた部品の排除作業・・・ もちろん 触媒マフラーは取り替えますが、取り替える以前の問題が・・・ 触媒マフラーから後ろのマフラーに溶けた材質をどう取り除けばいいか? そりゃ〜 触媒マフラー + センターマフラー + リヤーマフラー + O2センサー 4個(約50万円の金額??) 全部取り替えるのでしたら、まだしも・・・ 
それでも まだ 全部は取りきれませんね・・・ どうします?

対策は、親父なりに考えてやりましたがね・・・ お客様の理解が無いと・・・
それにすぐに排気ガス数値が変わるので、エンジントラブルマークがすぐに点灯するマイナス点がありまして・・・今 親父・・・ 悩んでいます。

中古触媒マフラー・・・ 辞めなはれ・・・ 一時の結果はいいかも・・・
しかし また 同じことになる可能性が大ですな!!
親父もやりましたよ・・・ 失敗しまして・・・ 大変な後始末でしたよ!!
思い出したくもないですよ!
JUGEMテーマ:車/バイク

自動車燃料漏れ修理


 タンク 1.jpg タンク 2.jpg タンク 4.jpg
 タンク 4.jpg タンク 5.jpg タンク 6.jpg
 タンク 7.jpg タンク 8.jpg
大変な作業です。
燃料タンクを外すのに半日かかりましたよ! しかも 奥の奥にある燃料ホース取替!
普通は取り替える必要などない部品ですが・・・ オペルはねぇ〜 いや 他の外車もそうですが! 写真を見てください。燃料がにじみ出ているでしょう! 
この暑さで加熱したマフラーに燃料が付いたら一発で! どっかん!! ですね!!
オペル車だけではなく! 外車の部品材質は! 本当! 大丈夫か?と思いますね!
知らないと言うことは本当に恐ろしい!!

大体 燃料ホースにひび割れができること事態に問題があると思いますよ!
部品製造会社は同じですから・・・ この部品製造会社の装着された部品は車両火災になる危険度は“大”ですね!!燃料の臭いがしたら一度点検をお勧めしますね!
JUGEMテーマ:車/バイク

貴方の車大丈夫ですか?



なんとも言えない暑さですな・・・
昨日 テスト方々地方に行きました。まぁ〜 渋滞は覚悟で行きましたね!
渋滞に巻き込まれても、調子よく走ってくれましたVECTRA GTS君、よしよしと思いながら、“ふと”メーターパネルを見るとエンジンマークが点灯しているではありませんか?
まだ 何処か?トラブルがあるのかな・・・ でもエンジンは快調です。
少し 失火があるみたいですが、それほどとは思っていませんでしたが、やはり どこかが異常燃焼をしています? 診断機と道具と多少の部品持参でのテスト走行でしたので、安心はありました。早々に応急修理をして無事帰途!
で・・・ 気になるので今日ブログを書く前に、早々の修理と点検をしました。
う・・・ん・・・ やはり マフラー全体に取りきれなかった触媒の破片がセンサーにこびり付いていました。原因は破片がセンサーに付着して、異常燃焼(高温)なり、センサーが反応して、エンジンマークが点灯したと思われます。 まだ 2〜3回はあると思いますね!

それと怖い報告!
燃料温度がどの車も高いのでは?? 渋滞中に窓を開けて耳を澄ますと、セミみたいに各車から燃料ポンプの悲鳴音(異音)が聞こえてきます。ジリジリ音と言うかじゃりじゃり音と言うか、この異音を知っている者には堪えがたい異音です!
ちなみにVECTRA GTS君の燃料温度を測定しまいたら、約60度ありましたね!
他の車はどうかな・・・ 考えると恐ろしいです!
知らないと言う怖さ! 知っていると言う怖さ! どっちがいいか分かりませんが・・・
この暑さはやはり人間だけではなく、車にも、もの凄く悪い影響を与えていますね!

昨日 4件緊急修理依頼電話がありました。 4件とも初めてのお客様です。
残念ながら昨日は、報告をしましたが、地方に居まして4件とも丁重に断りました。
しかも 都内又は東京近郊出張依頼? 路上でのトラブルでした。
JAF時間待ち3〜4時間・ディーラーはお盆休み・・・ で?当社に・・・

災害地の皆様お見舞い申し上げます。

JUGEMテーマ:車/バイク 

【 緊 急 】

このたびの地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

怖かった! 新規場は埋めたて地です。 液状化がありました。道路が多少凸凹になりました。

隣近所の材木屋さんは立ててある材木が倒れました。 火災もありました。

工場は、積み重ねたタイヤが落下(崩れたり)したり、部品・道具が散乱しました。

藤井はリフトの下にいまして、最初は何が起きたのか・・・ 

エンジンをかけた状態で、このエンジンやけに振れるなと思ったら、大きく車体とリフトが揺れましたので“地震だ”と感じてすぐにピットの下にもぐりました。危機一髪でした。

 

早速ですが!

浸食した塩分海水は悪さをします。特に電子関係は要注意です。全損になります。

また すぐに錆び(腐食)がはじまります。対処ができません。

海水に浸かった車は、エンジンをかけないようにお願いします。ショートする可能性があります。(車両火災の原因)修復は無理だと思います。

 

ドイツから安否連絡が沢山きています。ありがたいことです。

藤井にお見舞い連絡ありがとうございます。

ブログにてお礼をさせていただきます。

まだ 余震などがあります。皆様くれぐれもご注意ください。

 

藤井 しぶとく生きています。 ホント ありがとう!!

 

 

信じられないアクシデント

JUGEMテーマ:車/バイク

 

昨日 車両火災の記載をしました。まさか・・・今日・・・ 

午後2時頃・お客様から緊急連絡・急にガソリン臭くなり・エンジンが止まった? すぐ来てくれ!! 藤井 ⇒ 急いで現場へ ⇒ 藤井・・・ 唖然・・・ 車の下・道路がガソリンで濡れている?? ⇒ 藤井 お客様を車から避難させ! 安全確認をしてから、車の下を点検 ⇒ 藤井・再度 唖然!! 燃料フィルターからガソリンが漏れている!!(噴いている) よく見ると!! ⇒ 燃料フィルターに何か刺さっている??・再度!!よく見ると・ピン(つぶれた釘・金属破片)が燃料フィルターに刺さり・そこから燃料が漏れている! 走行中・偶然に起きた珍しい出来事でした。

運がよく・往来の少ない場所とお客さんタバコを吸わない!! ホント 大惨事にならなくてよかった!! 今 思いだすと・・・ 背筋がゾ〜としますよ!!


アクシデント 3.jpg

 

ページトップへ戻る▲