私の積み重ねた整備経験とセオリー!

数多くの車関係経験からのアドバイス!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

藤井オート ボッシュ基礎説明 7


ボッシュ部品番号基礎
参照! 藤井オート ボッシュ基礎説明

大きなヒント!!
ボッシュ部品番号を覚えると、外車・国産車問わずに、部品の位置・役目などが把握できると思います。ボッシュ製品ではなくても!! 内容はほぼ同じですよ!! (性能・品質は別ですよ!!)

又!!!!! 共通部品!!の選択判断!! 
VWの部品でも、Benz・BMW・Audi・Opelなどにも使用できる。
又はボッシュ部品番号10桁の最終8・9・10桁目に何があるか?? 
少しは、考えてぇ〜 役に経つと思うよ!! いつでも気軽に質問をどうぞ!!
 L-Jetoronic  回路イラスト 1 L-Jetoronic 回路 イラスト 3 エアー フロー メーター イラスト 1
L-Jetoronic
回路とエアーフロー メーターのイラストを記載します。
現在のエレクトロ システムの基礎ですよ!!

少しづつ 無料点検依頼のお客様が来始めました。
22日・土曜日は、キャンセルもあり、2台の無料点検をしました。
3月1日・土曜日の無料点検空きは、あと2台あります。
要予約ですよ!! 気軽にどうぞ!!
JUGEMテーマ:車/バイク
L-ジェトロニック | comments(1) | trackbacks(0)

藤井オート ボッシュ基礎説明 6


D-Jetoronic からL-Jetoronicへ
D-Jetoronicは!! まぁ〜 評判が悪かったですな!!
でも 何んとか 修理に慣れてきた頃に!!
今度は、L-Jetoronicときましたね!!
D-Jetoronicに比べて改良されまして・・・ 
D-Jetoronicよりは、トラブルは少ないだろうと!! 思いきや・・・
これが今度は、エアー フローセンサー(空気測定)尚と言う代物が装着され!!
いや!! もう! 大変!!

愚痴はその辺までにして!!
D-JetoronicとL-Jetoronicの違いを書きますね。
前にも記載したけど! 再度 もう少し詳しくね!!
   L-Jetoronic イラスト
1)空気量検出 インテーク マニホールド圧 〜 空気流量の直接測定
バキューム センサー(プレッシャー センサー)0280 10* *** 〜 エアー フローセンサー 0280 2** ***

2)回転数検出
イグニッション デストリュービューター 023* *** ***の中にあるトリガー コンタクト(1237 *** ***)〜 イグニッションパレス(イグニッション コイル 一次線(−より検出) コイル 0221 1** ***

3)噴射方式
   グループ毎噴射(例、4気筒の場合は2気筒づつグループ噴射) 〜 全気筒同時噴射(但し 1回の噴射は必要量の約半分二分の一)0280 15* *** D-Jetoronic もL-Jetoronicも同じ始まり番号
但し 注意はするのは!! インジェクター の色が異なる

4)空燃比調整
CO調整可
コンビューター Box 
  0280 000 *** 4気筒
  0280 001 *** 6気筒
  0280 002 *** 8気筒
テスターにてCO・調整可 
エアー フロー センサー
0280 200 *** 4気筒
0280 201 *** 6気筒
0280 202 *** 8気筒

5)プレッシャ
  大気圧に対して2Kg/cm2一定 〜 燃料圧力とインテークマニホールド内圧力との差圧として2.55Kg/cm2一定 (燃圧調整不可) 
  0280 16* *** D-Jetoronic もL-Jetoronicも同じ始まり番号

6)アクセル センサー(スロットル センサー)0280 120 *** 〜 エアー フロー センサー
0280 200 *** 4気筒
0280 201 *** 6気筒
0280 202 *** 8気筒

7)コンビューター Box トランジスターダイオド 〜 IC

以下省略
D-Jetoronic 〜L-Jetoronic ⇒ LH/LA/DR/Mo Jetoronicと時代は変わっていきます。
まだ あるけど 今日はここまで!!

お礼!
コメントありがとう。
JUGEMテーマ:車/バイク
L-ジェトロニック | comments(1) | trackbacks(0)

Lジェトロニック (L-Jetronic)7

JUGEMテーマ:車/バイク


                      インジェクター レジスター 1.jpg   インジェクター レジスター 2.jpg   インジェクター レジスター 3.jpg

 

インジェクターレジスターとEGRリレー(メーンリレー)

装着されている車とされてない車があるので、確認すること!!

この抵抗は、インジェクターにかかる電圧を電源電圧(12V)の約1/4に下げる役割をする。電源とインジェクターとの間に直列に接続している。

 

トラブル

1)      始動せず、始動するがすぐにエンストする。⇒ EGRリレー(メーンリレー)レジスターの断線・ショート・コントロールユニット内部不良

2)      アイドリング不安定 ⇒ 接触不良・抵抗大

3)      エンジンがシャクル(ハンチング)

などが挙げられる。

 

記載連絡

815日・土曜日〜913日・日曜日まで、ブログ記載は間が空きます! 緊急記載はします。問い合わせは随時受け付けますが、回答は時間をください。無料点検は23日まで受け付けますが、824日〜913日まで休みます。

Lジェトロニック L-Jetronic)の記載は、9月中旬頃からになります。 

L-ジェトロニック | comments(1) | trackbacks(0)

Lジェトロニック (L-Jetronic)6

JUGEMテーマ:車/バイク


                    スロットル バルブ L1.jpg          スロットル バルブ L2.jpg

 

スロットル バルブ スイッチ

 

スロットル バルブ スイッチは、アイドリング位置とフルスロットル位置を検出するためにある。

アイドリング接点は、スロットル バルブがアイドリング位置のときにON (閉じる)になる。それ以外のときはOFF (開く) になる。

アイドリング接点は、アイドリング増量補正、アフターアイドル増量補正、フューエルカット信号、の役目がある。

 

フルスロットル接点は、スロットル バルブがフル(全開)になったときON (閉じる)になる。

フルスロットル接点は、フル増量補正のためにある。 加速ポンプと同じ!!

 

トラブル

1)      アイドリングのバラツキ

2)      アイドリングから発進時の息つき

3)      アイドリング時のエンジンストップ・すぐにエンジンはかかる

4)      高速時の回転むら

5)      高速時のパワー不足

6)      高速時の息つき

などが挙げられるがエンジンが止まることは少ない!

 

メカ君!! 腕に自信があるなら!! スロットル バルブ スイッチの調整にチャレンジ!!しな!!  ふふふ・・・

もちろん! クリニング作業は! 重要だよ!! 凄いヒントだ!!

 

今週は! 修理に大きなヒント! 記載しているよ!! 分かる!!

月・火・そして 今日!! 

L-ジェトロニック | comments(0) | trackbacks(0)

Lジェトロニック (L-Jetronic)5

JUGEMテーマ:車/バイク


                      プレッシャー レギュレーター 1.jpg     プレッシャー レギュレーター 2.jpg
 

プレッシャー レギュレーター

プレッシャー レギュレーターは、フューエル インジェクターにかかる燃圧を調整します。

燃料ポンプからプレッシャー レギュレーターまでの燃料系統の燃圧はプレッシャー レギュレーターにより一定に調整される。

燃料は入口から燃料室に入り、スプリング力に打ちかってダイヤフラムを上方に押し上げ出口に流れる。この時のダイヤフラム室へマニホールド負圧を導き、燃圧をインテーク マニホールドとの差で2.5 kg/m2になるように自動的に調整している。

 

注意!

従来のプレッシャー レギュレーター燃圧調整は不要です。(EGI車)

 

エンジン始動困難・エンジン回転上がらず・エンジンシャクリ・走行中エンジンストップ・排気ガスが濃いなどなどの原因は! プレッシャー レギュレーターが挙げられよ。

故障は3種類に分けられる。

1)      機械故障

2)      燃料漏れ

3)      バーキューム ホースの劣化

 

テスター には機械エラー は出ないよ!! ”メカ君”!!

 

注意!!

よー〜く プレッシャー ゲージの針振れを、見ること!! 大きなヒント!!

L-ジェトロニック | comments(0) | trackbacks(0)

Lジェトロニック (L-Jetronic)4

JUGEMテーマ:車/バイク

             エアー フロー センサー

                         エアーフロー センサー 1.jpg     エアーフロー センサー 2.jpg      エアーフロー センサー 3.jpg 

 

エンジン始動困難・エンジン回転上がらず・エンジンシャクリ・走行中エンジンストップなどなどの原因は! エアーフロー センサーが挙げられます。

エアーフロー センサー(メーカーによって名称が違うけど、内容は同じ!!)

エアーフロー センサーの役目は、空気の量を機械的に測定し、空気量を信号に変えて、コンビューターに信号を送り、その時のエンジン状態に合わせた燃料を噴射すると・・・

役目は、立派ですがね?? まぁ〜よく壊れましたね・・・

故障は二種類に分けられます。

1)      機械故障

2)      電気故障

特に機械故障は、電気故障に比べて90%ぐらいありましたね! 部品価格も最悪・参りました。

今頃の暑い日は、暑さでエアーフロー センサーのバタフライが変形したり、排気ガス規制で、COが薄いため、バックファイヤーを起こして、壊れたり・・・ まぁ〜散々でした!!

テスター には機械エラー は出ないよ!! ”メカ君”
 

注意!!

よくオークションで、中古エアーフロー センサーを見かけますが・・・ くれぐれもご注意を!! ほとんど機械的に問題があると!! 藤井は判断しますね!! クレームが効くように忠告しますよ!! トラブルの原因になりますよ!! 

L-ジェトロニック | comments(0) | trackbacks(0)