私の積み重ねた整備経験とセオリー!

数多くの車関係経験からのアドバイス!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 災害地の皆様お見舞い申し上げます。 | main | 新木場地震災害報告 >>

海水浸蝕車は要注意!!

JUGEMテーマ:車/バイク 

東北地方太平洋沖地震で被災された方々には謹んでお悔やみ申し上げます。 

余震が続いています。ブログ読者の皆様くれぐれも注意してください。

たくさんのお見舞いコメント・メールありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

日本で見る初めての津波の怖さ! いとも簡単に“あ!”と言う間に、あの重い車・家などが簡単に流されていきます。言葉を失います。

藤井の妹(二女)は宮城県仙台市に住んでいます。家族(甥の子供1歳)は全員無事です。

やっと連絡が取れましたが、妹の実家(大船渡)と未だ連絡が取れません。心配しています。なんとか無事にと思っています。 

海水浸蝕車について追加します。

真水ならまだ多少の修復可能も考えられますが、海水(塩分)は、なかなか乾きませんのと、塩分が残ります。この塩分が困りものです。浸かった個所が多いほど損傷は酷くなります。

藤井・二度ほど海水浸蝕車の修復(修理)をした経験がありますが、残念ですがなおりませんでした。

2台とも車は四駆車で、遊び半分浜辺で海水に浸かりながら走っていまして、波の強さでハンドルを取られ車体半分が海水に浸かりました。

波しぶき跡も結構 奥までありました。(入っていました。)

問題は電気関係(セルモーターオルタネーター等)・電子部品(コンビューターBox・各センサー・配線・配管等)・ブレーキ関係以下省略等に塩分が付着(残ると)すると、全部を取り除くことはできません。いくら真水で洗浄しても限度があります。(スチーム洗浄してもです!)

すぐに腐蝕が始まります。腐蝕はいろいろなトラブルを起こします。 怖いのは後遺症です。想定外のトラブルです。安全性を失います! 直ったとしても、また 不明トラブルが続発します。

海水浸蝕車の部品取り販売・オークションでの出品は間違っても!! 買わないように!!

海水浸蝕車は全損です! 危険な買い物になります!!

海水浸蝕車完全修理特別価格“ダメ”ですよ!! 

いくら年式が新しい! “ダメ”ですよ!! 

特約保険以外の自動車保険は出ませんよ!  

ネットオークションにご注意を! | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

これからは水陸両用車の時代ですね。
mako | 2011/03/13 10:40 PM
妹さんのご家族の無事が何より。どうか、ご実家も何事もなきよう、お祈りしております。
藤井さんの工場も几帳面に整理されている色々な物が、散乱しているのでは?と想像しておりました。
お怪我がなく本当に良かった。
そうだ、ブログなら確実に届くかな?と気が付きました。
案の定、ちゃんと更新されてますね。頭が下がります。

今日やっとYもメールを読めて、こちらにも届きました。
なかなか電話が繋がらないと心配していたようです。
JAPAN 頑張れ!ってメッセージが最後にありました。

海外からどんどん救援隊が,到着していますね。本当にありがたいことです。一刻も早く、一人でも多く。。。
サーフ君 | 2011/03/13 3:10 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック