私の積み重ねた整備経験とセオリー!

数多くの車関係経験からのアドバイス!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ガソリン臭い?? | main | 藤井オート初期アウディ中毒患者から >>

藤井オート親父日曜雑談(脱談)


朝 ブログ更新後に、日本&世界情報を検索します。
最近の親父の目に止まった記事です。

いよいよこういう動きが出てきましたね。
ドイツ人が皆の面倒を見ている、自分達が一番上手くやっている、お前はダメだと思うようになると戦前に戻る? (親父 前にドイツ人の性格をブログで記載したでしょう!)
財政規律一辺倒、高い失業率は無視、一国の経済など考えない、などなどが最悪の結果を招く!
ユーロの有能の反対官僚と短期的な見方をするドイツ人!
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130331/erp13033108230002-n1.htm

海洋資源をいかす開発技術の育成は大賛成ですね。
日本の過去の政策を見ていると、場当たり式、短期的な見方、経済性のみ、効率性のみ、海外の動向や各国の戦略の無視など目に余るものがあります。
今後の100年200年を考えて技術を育成して行きましょう!
で、記事には無いんですが、技術は最後の人ですから、人の育成、教育の充実などなどにも触れて欲しいですね。(日本の鉱山開発がペイしなくなった。鉱山学を学ぶ人がいなくなった。
大学の鉱山学部が無くなった?では困りますよ。
失敗するとすぐに切腹!!の考えはやめましょう!! 
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO53431920R30C13A3PE8000/

親父はハゲタカファンドには反対です。皆さんはどう?
アメリカの鉄道事情を見ると線路はガタガタ、必要な投資をしていない?
ように見えます。物流に鉄道を使うならそれでも良いでしょうが、日本では多くの人が鉄道を利用していますからね。安全第一! それと・・・ 日本の鉄道は夢がありますよ!!
http://diamond.jp/articles/-/33892

良い話ですね。レアアースやレアメタルは日本の生命線だそうな!
どんどんやりましょう!
ところで全国の大学で鉱山学科が無くなったとも聞いています。もしそうなら是非復活をして専門学校でも良いかな? でもここは技術者を育てるところ? 鉱山の開発などは環境問題も伴いますからやはり4年間の教育(研究と技術)は必要かもですね。
http://jp.wsj.com/article/JJ11462119304412943687817913180540156561016.html

色々な情報を考え合わせると空飛ぶ円盤は存在した? アメリカ以外の国の情報でもそうなるようですが。ただ円盤の飛行を撮ったなどの情報の殆どがインチキでしたね? ということは、本当は存在するんだけど、それを隠すために飛行を撮ったというインチキ写真や動画を公開するとなりますか。で、皆はやはりインチキだ、円盤は存在しない、と判断する。
所謂目くらまし作戦? 親父! 興味あり! 真実を知りたい!
http://www.cnn.co.jp/fringe/35030171.html

昨日 渋谷に結婚式パーティーに行きました。
前 渋谷にBosch Japanがありましたので、25年ぶりかな?
便利になりましたね。でも慣れるまでが一苦労かな? 昔は横浜方面から朝の通勤時間帯に渋谷(東横線)に着くと、地下鉄やJRからの乗り換え客でごったがえしていましたね?
横浜から渋谷に出る方は覚えておくと良いのでしょうね。
http://nikkan-spa.jp/416156
JUGEMテーマ:車/バイク
藤井の雑談 | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

VEポンプ分解の絵は楽しみにしています。

UFO2機編隊見ました 30分ですっと消えました
みんなが高速路肩で眺めてるのに
新聞とか載って無かった。

10m位で親子で見た人いますよ
近所に基地が有るのでしょう
最近は原発報道 NHK朝のNews写ってました。

渋谷本社 小田中工場
今は横浜集中
CLD農家 | 2013/04/07 10:40 AM
その通りですよね。「人材育成」!人工バブルが始まった今、建設的な価値創造にこそ莫大な資金を注ぎ込んで5年先10年先の「産業競争力」をがっちり仕込んで欲しいですね。
NSU | 2013/04/07 9:22 AM
昔通産省の技官の方が佐渡で金脈を見つけました
mako | 2013/04/07 9:11 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック