私の積み重ねた整備経験とセオリー!

数多くの車関係経験からのアドバイス!
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 藤井オート親父対ゴルフGT | main | 続 オートマッチクDSG情報 >>

アライメント調整後の結果


アライメント調整(摩耗部品取替含む)をしますと、ハンドリングはもちろんのこと、
車全体が変化してきます。
例外もありますが、例外は別として・・・??

親父は、アライメント調整後、 ガンガン走れとよく言いますが、それは 車全体が今までの悪い癖を、元に戻そうとします。最低500Km以上・理想は1000Km以上ですが、その結果によって、2回目・3回目の調整方法が変わります。
その目安は?・・・ そうです! タイヤの摩耗度ですよ。
片べり・楕円摩耗度等が分かりますね! 
この摩耗度(変形の仕方)によって、その原因が判断でき、調整+部品交換になります。

注意
親父は、部品摩耗度が、大きいのは別として、多少の摩耗度は、そのままにして、1回目の調整後の走行によって判断します。

1回目後・2回目・3回目と、アライメント調整の依頼が多くなってきました。
入庫する車のタイヤは!! 勿論 ふふふ・・・です。
走れば! 走るほど! タイヤの摩耗度が、変わってきます。 いいですねぇ〜・・・

で! 今度は、タイヤ交換を考えてきます。
親父は、タイヤの摩耗度を見てからの判断を勧めています。
やはり取替時期は、ありますが!!
車の状態を見ての判断が必要だと思います。
そして ドライバーと車の性格(性車)に合うタイヤをお勧めします。
親父は、コンチネンタルしか勧めない??
いいえ! 違いますよ! ブリジストン・ダンロップ・・・ etc・・・
お客様の要望に合わせますね! 

タイヤ余談
前にも言いましたが・・・
親父 グッドイヤー(GOODYEAR)タイヤ好きですよ!! 特にmade in Germany/ France/ Italy
勿論 made in japanもです。made in japan良くなりましたね。
タイヤウンチクはここまで??

追伸
大事な事
タイヤ交換後のアライメント調整は!! 必要ですよ!!
JUGEMテーマ:車/バイク
4輪ホイールアライメント | comments(5) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

まだまだ距離を伸ばす必要がありますね。
摩耗がどう変化するか観察していきます。
青森NA8C | 2014/07/07 8:37 PM
タイア構造
アラミッド補強が出てきた時に問題になりました。
切っても割っても補強材は見えません。
でも良いタイアは構造がしっかりしているため、高速からの
ブレーキで不安が全くありませんでした。
同じ機構で効くはずだと。後だしの安い物は全くだめ。
バランスの悪いアジアンタイアは組成もちがうのかな?
シルベクヒーロ | 2014/07/07 1:56 PM
国産安物ばっかりから
ピレリー77使い出してピレリー主体に
30年以上なりますが、解った事。

ブロックが直角に磨耗する事が重要
直角に減ると寿命終期まで性能維持する。

P77は10万キロCIVICで使いました。
2組使いましたが20万キロ、スノー、チェーン スタッドレス要らずの 万能タイヤ
1本1万円でしたが安いものでした。
安心と交換の手間考えると

その後イギリス、スペイン ブラジル
今は中国で若干品質は落ちてきたが
値段も安くなって
allシーズンに使えます。

石畳、白線、マンホール、レールで
怖い思いしないのは 
欧州タイヤのみだと思います。
多分日本製も現地販売するものは
同じ性能だと思います。
コンパウンドが違うのか?

CLD農家 | 2014/07/07 11:49 AM
アライメントとタイヤを一体として考える
今回、勉強になりました。
相模のマーチ | 2014/07/07 9:24 AM
アライメント調整を受けると足回りには、しなりと馴染みがあることがよく解ります。
吉松 | 2014/07/07 7:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fujii-dienst.jugem.jp/trackback/2823
この記事に対するトラックバック