藤井オート サスペンション組み直し作業の重要性


親父さん
おはようございます。
アルファスパイダー/***です。
今回はエンジン調整、足回り調整ありがとうございました。
帰り道注意深く乗ったのですが、ほんとに不思議です。
今まで荒れた路面では車が分解してしまうかと思うぐらい振動がひどかったですが、今回の調整では嘘のように振動が減りました。

きちんとサスが機能している感じです。
何回も組み直しが必要という意味がよくわかりました。
どこの整備場でもサスペンションを高価なものに交換して、ハイ終わり!納得いかない乗り心地でも「こんなもん」と片付けられてしまうと思います。
そんな中、時間はかかるけど、「必ず良くしてあげるから!」という親父さんの言葉はほんとにありがたいです。
こういった技術が廃れてしまうのはほんとに残念です。新車だって整備不良の時代です。
ますます乗れる車が減っていきますね…
引き続きよろしくお願いします。

親父コメント
ほんと苦しみましたよ!! この“気狂いピエロ”・・・??
まだ 納得は行きませんが、今 この状態で、1000Km以上乱暴に走っていただきたいですね!! そう! 親父のセリフ!! ガンガン走れ!!です!!

今以上に変形摩耗した部品が、元の状態に戻るのが身体に感じると思います、
そう“車体しなり”がね!!
その状態になった時に、再度サスペンションの組み直しをするのですよ!!
その時の部品摩耗度を判断して、部品取替必要性があるなら!! 部品取替をする!
必要性がなければ!! その状態で、4輪 ホイール アライメント数値(角度)調整を“せばめる”のです!!

オッと!! マル秘言葉(ヒント言葉)を記載してしまった!!
この“せばめる”!! 調整ができると!! ⇒ 今までにない!!“車体しなり”が出ます!!

この“せばめる”調整&今までにない!!“車体しなりが、出来ましたら!!
親父4輪 ホイール アライメント作業は!! フィニッシュ ( Finnish) です。

ここまで来るには(到達)、お客様(患者様)の理解がないとできません。
作業に時間のかかる大変な作業です。
この“せばめる”調整“車体しなり”の効果は、テント工場患者様のみが体感している!!  
ふふふ・・・ あはははは・・・

もう二つおまけのマル秘言葉(ヒント言葉)
タイヤの摩耗度(劣化状態)は、別として!!
タイヤの空気圧変化によって!! 走りが微妙に異なる車体のしなりが体感できますよ!!

ブレーキ制動の変化に気が付きますね!!
“車体しなり”の精度です!!

三つ目・四つ目のマル秘言葉(ヒント言葉)は!! 何時かまたね!!
JUGEMテーマ:車/バイク
2016.02.23 Tuesday 05:29 | 4輪ホイールアライメント | comments(1) | trackbacks(0)

Comments
いろいろなノウハウが盛り沢山ですね。
吉松 | 2016/02/23 7:15 AM
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :