私の積み重ねた整備経験とセオリー!数多くの車関係経験からのアドバイス!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
藤井オート 高齢者事故について

藤井親父も70歳です。
高齢者仲間に入りました。

毎日 高齢者事故のニュース・・・ 耳が痛いです。
藤井親父も自動車修理と運転免許は何時か終焉(返納)になります。

その何時か・・・は・・・何時判断すればいいのでしょうか!!
親父 悩みます・・・ しかし 何時か・・・は・・・

一度 運転の楽しさ! 車の便利さを知った親父!! + 自動車修理の難しさ・治す楽しさ・・・  

年に一度の総合健康診断 + 毎月の健康診断は、欠かさずに行っています。
もちろん!! MRI/CT・レントゲン・エコー診断も、担当医と話して行っています。
少しでも 親父の健康に異常があればお客様の安全を考え修理を控えます。

親父思います。
来年 高齢者事故防止の法令が変わるそうですね!!
どんな 対応の法令のでしょうか??
無理やりに高齢者運転を辞めさせる・・・ いろいろな厳しい条件付きの法令に・・・
医者の診断書添付=安全運転講習(実地・学科・運動神経等)義務付け!!

これだけ高齢者の事故が毎日ニュースに出れば・・・仕方ない・・・
でもね・・・ 無理やり高齢者の運転免許証を取り上げるのはいいけど!!
その分だけの見返りが欲しいですね!!

例えば 
全国で使用できるシルバー パス!! (世界共通とは言わないから)
海外旅行の割引(飛行機・船・・・etc・・・)
タクシーの優先乗車と割引!!
飲食代の割引!!
買い物割引
病院代の無料化(介護無料化)
交通便の悪い市町村の待遇(不便さを無くす)
etc・・・
来年の法令改正と一緒にお願いしますよ!!
高齢者大切にお願いします!!

JUGEMテーマ:車/バイク

| 07:13 | シニアは元気だ!! | comments(8) | trackbacks(0) | posted by fujii-dienst |
Comment








師匠、政府が公開している統計によりますと、高齢者の事故率は比較的低いようです。
http://ala2014.hatenadiary.jp/entry/2014/07/11/025017
どなたかの利権か天下り先のために、メディアが利用されている模様です。
99%の世代間憎悪をあおることで、99%の団結を阻害して、1%の利益を守ることも、重要なミッションであるようです。
師匠、気に病むことはありませんよ!!
posted by 5008 | 2016/11/28 9:12 PM |
運転免許は全世代マニュアル限定とし、事故違反なく運転経験を積んだもののみ限定解除試験を受講でき、オートマが運転できるようにすればよい。
オートマで事故違反すると、マニュアル限定に戻る仕組みで。
オートマ自体が事故の元凶になっていることを認識できなければ年齢にかかわらずいくらでも事故が起こる。つまり自動運転でさらに増えると言える。
これはポケモン事故関連の時に思ったことだけどね、高齢者事故も同じじゃないかと。
posted by GRP609 | 2016/11/28 9:55 AM |
そうですね。個人の権利ですからね。強制的に取り上げるわけにもいかないですし。
posted by 燃えるウサギ | 2016/11/27 9:31 AM |
燃えるウサギ さんへ

電車やバスが充実している地域の人はわかりませんが、
1時間に1本しかバスが来ない地域に住んでいる高齢者の方は
それぐらいの「うまみ」がなければ免許返納などしませんて…
posted by 脳足りん | 2016/11/26 11:22 PM |
見返りの内容に呆れました。こんな意識で高齢者はいるんですね。もう若者は支えきれないよ。
posted by 燃えるウサギ | 2016/11/26 10:54 AM |
高齢者といっても、本当に個人差があります。年齢だけで、ひとくくりにするのはどうかと思います。この前は住宅地、一旦停止もせず、右折してきた車にひかれそうになりました。軽自動車ブンブンレディ、ファミリーカーGOGOママ、血気盛んなヤロウカー、恐怖トラック、……危険すぎます。
posted by 金と銀と | 2016/11/25 9:34 PM |
ウレタン外装の
老人専用車に限る 60kmh迄
posted by 農家 | 2016/11/25 1:54 PM |
高齢者向けの自動運転技術、早く確立して欲しいものですね。
posted by 吉松 | 2016/11/25 7:16 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>