藤井オート テント工場“うんちく雑談会議”


10日(土)・11日(日)テント工場の患者様来社ありがとうございます。
親父は、余り対応が出来なくすいませんでした。

患者様同士で、うんちく雑談会議を・・・  
親父はその話を聞きながら、時々横やりを入れながら・・・ お昼頃まで・・・
楽しい時間でした。 

11日(日)午後は、天気が崩れて大雨になり、修理はストップして、休憩しているうちに“ウトウト” 調べものを予定していましたが、“ウトウト”から“グー”に変わり、気が付いたら夕方でした。

今 サスペンション関係の部品摩耗度を調べています。
4輪 ホイールアライメント調整2回・3回・・・
もう調整だけで、お客様を納得(満足)させることはできませんね!!
親父が 前から言っている4輪 ホイールアライメント調整は最低2〜3回の取り直しが必要だと言っていますが!!

部品の品質(材質)が悪く、コストダウンの車体に対する影響は4輪 ホイールアライメント調整だけでは治りません。
1回目の調整後に、今までの悪い癖を取る為に、親父の言葉“ガンガン走れ!!”患者様の癖を車に付けろ!!・最低500Km以上は、走ってください。
2回目の調整で、再度調整してから部品取替えの判断をします。
3回目の調整で部品取替え後の患者様の連絡待ち
4回目・・・ 患者様の指摘された箇所の修理
5回目・・・・・・・・・??

左右 フロントタイロッドエンド・スタビライザー ロッド等を取り替えるだけでは、治らなくなりました。 
今後 どうお客様に修理と取替部品等の説明をすればいいのか・・・
考えています。
4輪 ホイールアライメント調整だけでは、治らない時期が来ています。

定年したドイツの仲間(Be)にメールと電話問い合わせしました。
Beは、定年後 自分の車庫を改良して、4輪 ホイールアライメント調整だけの仕事をしています。 
結構 繁盛しているようで・・・
Be曰く!! 摩耗部品取り替えたらきりがないので、部品取り替えないように、強制調整をしているとのことでした。

詳しいことは、後日 記載しますが・・・
アウトバーン高速走行でも、安全に走れるように・・・Be基準があるようで・・・

ただ 高速はいいけど中間速度に違和感がでると言っていました。
それが嫌なら、Beは、お客に部品取替えを勧めるそうです。
Beのところでは、部品取替えはしないそうです。

JUGEMテーマ:車/バイク

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

昨日の午後は、けっこうな雨でしたね。

  • 投稿者: 吉松
  • 2017/06/19 7:19 AM

四輪ホイールアライメントに特化した整備工場が成り立つというのは、さすがドイツですね。オーナーが走りの為の勘所をしっかり認識している証でしょう。
整備工場も大きく懸架系と駆動系に分化してもよいのかもしれません。
残念ながら日本車は、メカできっちりアライメントを取るのは大変だと、センサーに頼って電気的にサーボを掛けてごまかす方向に進化しそうな気もしますが。

  • 投稿者: 四月下旬の新規患者
  • 2017/06/19 7:01 AM

コメントする

ページトップへ戻る▲