私の積み重ねた整備経験とセオリー!数多くの車関係経験からのアドバイス!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
藤井オート 夏季車使用注意予報 

梅雨時期と高温気温・・・
梅雨が明けると、高温気温+照り返し熱車の連続日・エンジンオーバーヒートトラブル&プラス+プラス・エアコンON・全電装品関係ON・・・ 車には過酷な時期です。(季節です)

今の時期 梅雨時期と高温気温・・・
アーシングをしっかりしていないと!! 電気関係の誤作動が多く、エンジン不調になります。
又 タイヤのノイズ・ブレーキノイズ・ラジオノイズ(オーディオ・ナビ含む)・駆動変速ノイズ等が一段と響いてきます。(燃費も悪くなります)
原因は、ノイズ踊りです。他にも影響が出てくると思いますが、正しいアーシングをすれば取れると思います。

アーシングをやたらと付けていますが・・・
アーシング箇所をよく考えてください!!
最近の車 プラスチック関係が多いので、良く注意してください。
ラジオテスター等で、抵抗を測ると良く分かりますね!!(特別ヒントですよ!!)

エンジン温度上昇 ⇒ オーバーヒート ⇒ エンジン全損
冷却関係の材質(品質)コストダウンで、部品の自己破損が年数経過すると多発します。
安心して夏季時期はドライブできませんね?

ウォーターポンプ(電動・メカニカル)ダウト!! だよね・・・
ラジエーター・サブタンク ダウトだよ!!
火傷に要注意です!

オルタネーターが悲鳴を上げています。
少しでも、使用電圧を下げたい・・・ しかし 渋滞時エンジンルーム内空気温度約100度・・・
オルタネーターのパンク(ご臨終)・・・

上記の少しでも温度を下げるには・・・どうしたらよいでしょうか・・・
エンジンオイル0W〜30W!!! オイル沸騰前・・・
オートマオイル 沸騰中??

技術のある修理工場に点検依頼!!
意味不明の説明?・うんちく・すぐに部品交換・・・
次の修理工場を捜しましょう!! 
車検重点工場は・・・ コメントしない・・・ 車検だけの技術ではねぇ〜・・・

JUGEMテーマ:車/バイク

| 06:46 | 藤井の雑談 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by fujii-dienst |
Comment








大体エンジンルームにプラ製の部品全盛
等、私達の世代では考えられません。

車を整備して楽しむ時代は終わりました。
車は、修理ではなく部品交換がメインです。

お客さんは軽だったら四万円台の車検の
チラシを見て、幾らで車検が出来ますか?
と言われる。
良いも、悪いも其れが今の現実です。

しかし、昔ながらのエンジンの整備車が
入庫したら、実に楽しいです。
ボアアップの依頼でしたら、至福の時間です。
よくぞ今迄、指定工場を抹消されませんで
した。

終わったら、お客さんと一緒に試車。
老年暴走でバンバン走る。
一気に40年若返ります。
ヨーロッパで研修を受けていた当時を思い
出します。
posted by シルバーシート | 2017/06/20 10:25 PM |
夏に近づくにつれ、またプラスチック部品が壊れ始めました。
posted by 吉松 | 2017/06/20 6:56 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fujii-dienst.jugem.jp/trackback/3683
<< NEW | TOP | OLD>>