私の積み重ねた整備経験とセオリー!数多くの車関係経験からのアドバイス!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
藤井オート 続 異音と振動違うぞ!! もしな・・・

2018/04/03
異音!・振動・・・ 等

反響大きいですね! もう少し 説明をしますね!
“しなり”の有る車は、車体全体が“しなるように!!” 設計されています。
高速走行安定性を保つためです。

その為 どんな部品を取り替える時でも、配慮が必要です。
ブレーキパッドを自分で取り替えると“自負”していますが、取り替えることは知識が有ればできると思います。
しかし ブレーキ制動時に出る振動を車体が吸収すると言うことは知らないでしょう!!
ショックアブソーバーが振動を取るだけではありません。
ショックアブソーバーとサスペンション関係が一体になって! “車体しなり”を出しながら、車体安定性を保つことしているのです。
ブレーキ パットを取り替えた後にブレーキ制動に違和感が出る原因です。

フロント・リヤー ショックアブソーバーも同じです。一時的には効果が有っても、違和感が出ます。
今迄のフロント・リヤー ショックアブソーバーとその周辺の部品摩耗度を確認しながら、フロント・リヤー ショックアブソーバーと部品を取り替える判断は経験が必要です。
ただ 良くなるからの甘い言葉は????疑問です。

日本はまだ短時間の高速走行だから“バレ”ませんが!!  いずれは“バレ”ますよ!!
どんな言い訳をするのか! 
いつもの 有りがたい返事が返ってきます。 クレーマー(claimer)様が・・・

国産車は、重量が重いからバレないけど、車体を軽くしたらすぐにバレる??
まだ技術力も車体を軽くすることが・・・
それと車検の重量税関係もあるかも??・・・・・

外車の長距離・高速走行で疲れない原因もここに有ります。
また “しなり”は事故の衝撃を和らげます。

覚えていますか!!
ドイツNürburgring(ニュルブルクリンク)でトヨタとBMWで死者が出た事故を有耶無耶になったけど・・・  
トヨタ車!BMW車より酷い跡形もなかった??

もう一つ
2017/04/05 記載 参照
藤井オート “ユニフォミティマッチング(タイヤ位相合わせ)”の難しさ!!

“ユニフォミティマッチング”非常に技術のいるバランス調整です。
“ユニフォミティマッチング”後に、起きる車体振動等は、“しなり”のバランスが取れていないと思います。
特に 車体に合わないショックアブソーバー後付けや経年劣化ショックアブソーバーに出ます。
サスペンション経年劣化もそうです。

“しなり”のある車体修理の難しさ!! 少しはご理解を頂けましたか??

連絡
4月7日(土)8日(日)は、臨時休業します。

電話はマナーモードにしています。
着信歴が有れば、返信します。 メール返信は遅れます。

JUGEMテーマ:車/バイク

| 06:55 | シニアは元気だ!! | comments(2) | trackbacks(0) | posted by fujii-dienst |
Comment








ニュルの事故
トヨタは重要なテストドライバを失いました。
以降は、急坂を転がるように腐ったクルマを市場に出して、売りまくっています。
たしかにその事故で原型をとどめ無いほど、レクサスがぐちゃぐちゃでしたね。
ドライバのミスでした、ちゃんちゃん。
posted by シルベクヒーロ | 2018/04/04 3:23 PM |
クルマは、トータルで整備しなければならない訳ですね。
posted by 吉松 | 2018/04/04 7:58 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fujii-dienst.jugem.jp/trackback/3800
<< NEW | TOP | OLD>>