藤井オート 外車の良さは“しなり”です!!


“しなり”が出ている車は、ドライブが楽しいです。
しかし その“しなり”を知らないドライバー・修理人の多さには!! 親父驚きますね。
また その“しなり”がどう言うことなのか? ただ 外車がいいです! 
ポルシェは別として特にBMW・Audiのアルミボディー車はよく“しなり”が出ます。
この“しなり”・・・ いったん へそ曲げたら・・・ 元に戻すのがどんなに難しい(技術を要するか)又は 時間を要するか・・・ 大変な修理です。
中には治らないのも有ります。(部品を取り換えても・・・)
現に2台ありました。

“しなり”出ている車最高ですよ!! ドライバーの思うように動きます。
ドライブの楽しさが倍増します。

この“しなり”・・・ 人間の身体と同じで、どこかに痛み(トラブル)があると、そこに全部しわ寄せが行きます。人間の場合は違和感(痛み)だと思います。
“しなり”のある車は、そこに“しなり”が逃げますと言うことは、ドライブに違和感が出ます。(車体の流れは別に原因があります!!)
タイヤ一本(ホイール・空気圧含む)に不具合があっても出ます。
もちろん エンジン不調・ブレーキ作動不良・・・ etc・・・ 出ます。
タイヤ選択も重要なポイントです。タイヤ負け!車体負け! “しなり”の一番嫌がる(違和感)が大きくでます。シビア(severe)に出ます。
アルミボディー“しなり”・・・ 高速走行“しなり”には重要です。
ドライブ疲れも大きく減少しますよ!
何のためのアルミボディーなのか・・・ 車体を軽くする・燃費だけではありません。

“しなり”を維持するには、自分で車の管理をする!
注意するのは!! “しなり”を知らない修理工場には修理(車検含む)を出さないこと!!
車検時国の間違った数値に合わせると、もうその場で“しなり”は無くなります。
要注意です!! 国の基準は間違いだらけです! 困ったもんだ!
トー イン ・・・ と言う言葉で車検・・・  他の国で聞いたことない・・・

テント工場の患者様 東京(関東)は素晴らしい天気です。
親父の治した車で思う存分ドライブを楽しんでください。
遅延修理中の患者様 ゴメンナサイ!

JUGEMテーマ:車/バイク

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

しなり、奥深いですね。

  • 投稿者: 吉松
  • 2018/10/22 3:48 PM

チェンジニアの前に新車ディーラーもひどいですよ。 新車から左流れはもちろん、足が全然動いてなくて首都高のコーナーの路面継ぎ目で横滑り。ディーラーに何とかしてくれと注文つけてもできるのはサイドスリップくらい!?

ディーラー頼みなら今のクルマ、5年と持たず手放したと思います。

  • 投稿者: 黒のTT
  • 2018/10/22 7:21 AM

コメントする

ページトップへ戻る▲