私の積み重ねた整備経験とセオリー!

数多くの車関係経験からのアドバイス!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
<< 藤井オート リジカラ良し悪し・・・ / main / 藤井オート 危険な状態アウディA4 >>
藤井オート 72歳の修理人

今日から72歳の修理人です!! よろしく!!
今のところボケなしですが・・・ 都合が悪いとボケに変身・・・と言う特技があります??
お許しを!

治らない車ばかり・・・ 苦しんで治します!
1回目の修理後の患者様・・・ いつ!! 2回目の修理をするのか!!
苦情殺到・・・ すいません・・・ 

修理しても納得のいかない状況で納車GOサインは出せません・・・
そのままにして置く訳にはいきません!! 
何処で修理したかは別として、テント工場に来るまでの間にたくさんの自動車修理工場を横目で見て来社していただいた患者様(お客様)に対しての感謝です。
時間をかけてコツコツ・・・ お待ちの患者様お許しを!!

苦しんだ スマート修理写真を見てください!!
スマートK-06 スマートK-08 スマートK-17 スマートK-18 スマートK-19 スマートK-20
とうとう フロント・リヤー 全部外して…バッチリ修理しましたよ!!
まだ 修理箇所はありますが・・・ 次回にして・・・
車検を受けて乗っていただきます。
しかし・・・・・・・ すごい内容の修理作業です・・・
スマート修理する人!!えらい!! 親父は・・・ テント工場の患者様以外のスマート修理は遠慮しますね・・・ 
何やるにも先ずはなんでも外す!・降ろす!の作業から・・・ これでもまだ半分は外す箇所があります。 
で・・・・・ すぐにプラスチック類の破損がプラスする・・・ 

親父の修理したスマート!! 走りは!! 他にはない走りをします!!
ブレーキ制動!! ふふふ・・・ 

72歳の修理人!! まだまだこれからです!! ふふふ・・・

感謝
どすあんまさんのコメントは、最高の誕生日プレゼントです。
ありがとう!
沢山の誕生日お祝いメール(連絡)ありがとうございます。 感謝です。

JUGEMテーマ:車/バイク



シニアは元気だ!! / comments(5) / trackbacks(0) / fujii-dienst /
コメント
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。
日本でRRの軽と言えばスズキのフロンテ・クーペ、セルボが懐かしいところです。
確かにスマートの整備性は最悪かとも思いますが、こういう遊び心のあるクルマが少なくなったのも、クルマ離れに繋がっているような気がします。
| スズキアルト33歳 | 2018/11/13 2:47 PM |
訂正です。サムネイル画像で黒いスマートと思ったのは、フロントカウルを取り去った白いスマートの写真でした。
我ながらソコツさにあきれるばかり。失礼しました。

それにしても410型スマートは、ここまで分解しないとランプ交換が出来ないというのは凄いですね。
| チョロB | 2018/11/13 12:33 AM |
お誕生日、おめでとうございます。一年がたつのが早いですね。
益々、お元気に社業にご精進の程をお祈りいたします。

スマートの衝突実験映像を見ると、衝撃吸収ボディではなく衝撃飛散ボディーというか、樹脂の外殻が砕け散っていますね。

エンプラの中では強度が高いといわれるポリカーボネイトでも、年数が経つと脆くなってくるのは樹脂の宿命でしょう。

まさしく「分解修理」となって、疲れ様でした。

お蔭様で貴重な分解写真を興味深く拝見しました。
白、黒の2台も入院していたのですね。

スナップ留めの外殻は、いくらスナップとはいえ緊定しているでしょうから取り外し作業は大変だと思います。
脆くなった部品を割ってしまうのは無理からぬ事。

鋼板の溶接構造では成り立たないボディー構造を用いて部品類を高密度実装している事を再認識しました。

スマートは日本ではモテませんが、今も曲りなりにも後継車種が出ているのは小生にとってあり難い事です。

あんなチンチクリンなホイールベースの車でも、さすがRR車、ブレーキを踏むと、つんのめらずに全体が沈むようにグーッと停まる運転感覚には魅了されます。

願わくば、スマートの患者が増えますように。
親父様には申し訳ないですが(w)
| チョロB | 2018/11/12 7:16 PM |
お誕生日おめでとうございます。これからも、ますますクルマ修理の程、よろしくお願いいたします。
| 吉松 | 2018/11/12 4:34 PM |
訂正と補足

総走行距離:808,7km 43.85L給油 18.44km/L 満タン法計算

燃費は結果でしかなく、一番は新車納車の頃は駆け抜ける喜びとは
ほど遠い状態だったことです。
前に乗ってたCベクトラの方が良いくらいに思えた位です。
アライメント修正、ブレーキ調整、エンジン調整!
最後におまけで、京葉サービスのタイヤ交換調整(削り!)
まったく別物の車になりました。
親父さんとは一回り若い還暦の結構な爺ですが、峠道が楽しい
特にコーナーの出口付近でステアリングを切り足すのではなく
アクセルマークでスピードを殺さずクリアしていくのが
何とも言えないくらい楽しい。
思えばCベクトラも高速巡行のセッティングは今のBMWより上でした。
後10年はドライブを楽しみたいのでどうか健康に気を付けて
現役を続けてください。応援します。

P.S. 車両:BMW320d Luxury タイヤ:ミシュランPS4.225/50R17
| どすあんま | 2018/11/12 9:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fujii-dienst.jugem.jp/trackback/3857
トラックバック