藤井オート この一年・・・


そろそろ今年のブログも終わりに近づいてきました。

修理は相変わらず遅延! 遅延! ・・・でした。
4輪ホイール アライメントの台数は去年よりまた減りましたが、重整備が増え!!
収益は今までにない最低の金額でした。
このままでは来年の藤井オート存続は難しそうです!
親父 真剣に考えないといけないかも・・・

今年 テント工場に11台・新車から5年経過の車修理(整備・無料点検含む)が有りました。
ハッキリ言って! もう修理をすると言う感覚ではありませんね。
何を触るにも“恐々??”触る前に壊れるのでは・・・
トラブルコードが出てもトラブル番号と意味不明のトラブル名称??・・・
治ったとしてもリセットできない! ディーラーにお願いしないとできない。

もし修理入庫している内に、依頼以外のトラブルが出たらどうしよう・・・
なんて考えたりして・・・ 
昔 玉切れ(バルブ切れ)500円 今187.000円・・・ なんて洒落にならない・・・
概算見積書もオチオチ書けないですよ・・・

アウディのヘッドライト玉切れ(バルブ切れ)交換 ハウマッチ (How much?)
ヘッドライト玉切れ(バルブ切れ)フロントバンバーを外すだと!!
ふざけた話だ!!

親父コメント
あははははは・・・ 名車ではなく迷車ね!!
座布団5枚の価値がある言葉ですね。
確かに プロボックス患者さんの言う通りですね!

最近の名車
マツダCX-8ではないでしょうか。
日野自動車のリアエンジンに似た一生もののにおいがします。
シルベクヒーロ

マツダはねCX-8だけではなく、ロータリー後 
ロータリー技術を生かしてヂィーゼルに力を入れ!
他社に比べて大きく差をつけている!
非常良くなりましたよ! 他社はコスト節約と技術はではなくくだらない装備品でお客を誤魔化しながら販売しているけど、マツダは真っ向から今の時代を進んでいる。
他社に比べてリコールも少ない!!
ドイツでも 評判がいいし! アウトバーンでも結構いい走りをしている。
トップ ギヤは余りマツダ(日本車)をテストしないのはどうしてだろう・・・??

ニッサン・トヨタ・スバル・スズキ・ダイハツ・日野・いすゞ・・・・・
もう 昔の面影はないね・・・ 技術も落ちたし・・・ 品質(材質)最低!!
楽しむ車は何処に・・・ ただ 乗るだけ・・・ 寂しい・・・

今年も残り少なくなりましたね!
健康管理・事故注意しましょう!

JUGEMテーマ:車/バイク

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

親父様、シルベクヒーロ様、皆様
阿蘇山はとても良い所です。
熊本地震、阿蘇の噴火を経験しまし
たが、やっぱり生まれ育った熊本
が大好きです。

親父様のブログを御覧の皆様
是非、是非、お正月のお休みには
阿蘇山を御堪能下さい。

二輪の方も是非、御堪能下さい。

阿蘇山は落ち付いてるので、火口
を見学できます。

G4で『やまなみハイウェー』
最高だと思います。

親父様、一年間お疲れ様でした。
今後も楽しみにブログを拝見させて
頂きます。

  • 投稿者: シルバーシート
  • 2018/12/19 7:30 AM

阿蘇山の大草原
いいなぁ、毎日でも走りたいです。会社さぼってでも。
草千里から歩いて御釜を見に行きたいですね。
ブレーキのしっかりしたG4あたりがいいかな。

  • 投稿者: シルベクヒーロ
  • 2018/12/18 10:23 PM

ある意味国産車を見直そう
半年に一回程度しか投稿をしない
老年整備人です。
私は、若い方々に何時も言ってます。

車は、楽しく走らなければ意味がない。
大昔のスカイライン、マツダロータリー
ブルーバード、皆素敵な名車達です。

何故、名車なのか?
だってこの年代の車たちは、真面目に
遊べます。
今も月に一回はエンジンを下ろして
遊んでます。

遊ぶの意味は、親父様や、シルベク
ヒーロ様は、お分かりですよね。

孫達を乗せての、山道のドライブは
最高です。
当然走るのは、阿蘇山の大草原。

何で、国産車を見直すのか?
其れは、今でも簡単にエンジンの
O/Hが出来、部品が無くても直
ぐに自作出来るので、之から先も
安心して乗れるからです。

あと一つは、私には外車を整備する
能力が無いからです。笑

国産も、外車も遊べないと駄目です。
今でも月に五千キロは走って遊んで
ます。
之が、50年間整備をしてきた私の
結論です。

  • 投稿者: シルバーシート
  • 2018/12/18 10:00 PM

全ては、走る距離が少なくなったからですかね。
CX-8も良い車だと思いますが、アウトバーンを走り廻ってこそ真価があります。
日本国内でエコラン中心で年間5,000勸未靴走らないとDPFが詰まって調子が
悪くなります。
年間10,000勸焚爾靴走らないのであれば、ディーゼルより親父さんの大嫌いな
ハイブリット者でもよいのではと思います。
どちらにしても、日本国内では規制が厳しすぎ籠の中の鳥です。
今、若い人が車からどんどん興味を失ってます。税金塗れのうえにまだ増税!
あとどれくらい真面な車が残るのでしょうか?

  • 投稿者: dosanma
  • 2018/12/18 10:38 AM

コメントする

ページトップへ戻る▲