火(スパーク)が強すぎる!!

スパークが強い!!
電極が持たない!!

電極が解ける?
原因は
1)イグニッションコイルの電圧が高くプラグに合っていない
例 コンデンサー放電式イグナイター
  ハイブリッドイグナイター
  高電圧式イグナイター
などがあげられる。
続く⇒

プラグの悲鳴・・・

電極が解ける
電極が解ける?

原因は
1)オーバーヒート気味で長時間走行すると・・・
2)プラグのヒートレンジが低い
3)燃料の混合比薄いと燃焼内の温度が高くなるため
4)点火タイミングが早い・長時間走行すると・・・
5)イグニッションコイルの電圧が高くプラグに合っていない
 例 コンデンサー放電式イグナイター
    ハイブリッドイグナイター
    高電圧式イグナイター
などがあげられる。
続く⇒

プラグは健康のバロメーター

長時間走行すると?
電極のガイシ破損・電極材質が解け始める?

原因は
1)オーバーヒート気味で長時間走行すると・・・
2)プラグのヒートレンジが低い
3)燃料の混合比薄い
4)点火タイミングが早い・長時間走行すると・・・
  などがあげられる。
  続く⇒

ガソリン高騰の影響?

すすの付いたプラグ
ススの付いたプラグ

今までの原因は
1)燃料が濃い
2)プラグのヒートレンジが高い
3)点火系統の故障
などの原因でしたが、最近は粗悪な燃料の原因でプラグが黒くなります。
粗悪な燃料の混合物は専門家ではないのでわかりませんが、ガソリンと軽油・ガソリンと税金が安い石油類が混合されているそうです。
続く⇒

オイル上がり・下がり 

プラグ 5
燃焼室にオイル混入

原因
1)エンジン燃焼室にエンジンオイルが混入して燃えカスのオイルが付着。
マフラー(排気口)からオイルが燃えるにおいと煙が出る。(青色・青白色等の混合色)
オイル上がりとは
ピストンとシリンダーの間にあるピストンリング密着性が磨耗して下からオイルが上がって燃焼すること。
オイル下がりとは
シリンダーヘッドの磨耗によりシリンダーヘッド内にあるオイルが下がって燃焼すること。
エンジンオイルの質・交換度によって磨耗度が異なる。
走行目安約20万キロ過ぎますとエンジンオイルが減ってきます。
シリンダーヘッド修理 又は エンジン分解修理が必要。
続く⇒

エンジンによいから・・・

添加剤の入れすぎ??
添加剤の入れすぎ

原因
1)添加剤の入れすぎでエンジン燃焼異常が起こりプラグのガイシ部分(絶縁部分)が解け始めた。添加剤の入れすぎに注意!!
続く⇒

ページトップへ戻る▲